効果抜群!我慢できない食欲を抑えるワザ(その2)

ダイエットは女性にとって永遠のテーマですね。
いえ、男性にとっても無視できないテーマのはずです。

ダイエットをする場合、大抵「必要に迫られて」始める事が多いのではないでしょうか。
しかし!ダイエットとは長続きしないものです。
それは、ベテランのダイエッターでも同じなのです。

途中で挫折してしまう原因

いろいろあります。

(1)面倒くさくなった
(2)辛くなった(お腹が減って)
(3)辛くなった(気分が滅入って)

あたりではないでしょうか?

(1)に該当するあなたは、危機感が足りなさすぎます。
もっと頑張りましょう。そして、この記事はまだ必要ないです。

(2)(3)に該当するあなた。よくがんばりましたね。
あなたの努力は前回までは虚空に消えてしまいましたが、今回からは実るでしょう。

そう。原因さえ克服すればです。

原因はずばり食欲

「お腹がすいたー」「なにか食べたいー」

これです。
これこそが、ダイエットの強敵「食欲」です。

これまでの食生活を改めた結果、総摂取カロリーが減って身体が付いてこないのです。
だから、食欲というアラームを挙げるのです。

この食欲は、一定期間を耐えれば身体が慣れて、過剰なアラームは挙げてこなくなります。
なので、体が慣れるまでの一定期間が、ダイエット挫折の分岐点なのです。

この期間、なんとしても耐え抜いてダイエット成功への道を開きましょう!

効果抜群!我慢できない食欲を抑えるワザ

食欲が我慢できなくなったとき、他の人はどうやって凌いでいるのでしょうか。
どうやって、食欲をやり過ごしているのでしょうか。

ここで我慢せずに、欲望が決壊してしまうと、そこでダイエットはジ・エンド。リバウンドの始まりです。
脳内のいろいろな言い訳は全て却下して、ぜひとも食欲を抑え込みましょう。

効果的な方法の一つがこれです。

家族にストッパになってもらう

あらかじめ家族に頼んでおくのです。
「私がしようとしていたらとめてね」

後日、お菓子を食べようとしていたら家族は「これ以上デブになるのはイヤだな」と行って食べるのをやめさせるのです。
家族なのでなあなあになってしまわないように家族には鬼になってもらう必要があります。

とめる方はあまりきつく言ってけんかにならないように気をつけましょう。

そしてあなたは、食欲に自分の心が飲まれそうになったとき、家族の存在を思い出してください。
そうすれば、強烈な食欲に打ち勝って、先に進むことが出来るはずです。

永遠に続く苦行じゃない

そうなのです。これを忘れないでください。
この辛さは、身体が慣れるまでの一定期間だけのものです。
ヤマを越えれば楽になるのです。

このことを忘れずに、食欲に向き合ってください。
決して、食欲に飲まれることの無いように、がんばってください。[じ]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする