Tagged "震災遺構" の記事一覧

内閣府 【 ”地方創生加速化交付金” 906億円を配分へ…福島では震災遺構事業なども対象に】

Category: 復興情報, 政府対応、政治, 経済, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/19, 15:09

~ ”内閣府は18日、2015年度補正予算に1000億円を計上した「地方創生加速化交付金」についての内容を公表…全国の計1436自治体に対し、計906億円が3月下旬に配分される” ~

福島:双葉町 【原発推進のPR看板撤去が完了…再展示を視野に保管へ】

Category: 原子力、原子炉, 復興情報, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 3/5, 18:38

~ ”双葉町は4日、町内にある原子力推進の広報看板の撤去作業を終えた…原発との共生を掲げたかつての象徴が姿を消したが、町は事故の教訓として看板の展示を視野に入れている” ~

福島 【原発事故のアーカイブ施設…県主体で東京五輪までに設置へ】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/28, 4:43

~ ”施設は、浜通りに廃炉産業などを集積させる「イノベーション・コースト構想」に盛り込まれたものの、建設主体が決まっていなかった…県は国に整備を求めてきたが設置を急ぐ必要があると判断、方針を転換し計画の主体となる事を決定した” ~

福島:双葉町 【原発推進の標語を掲げた看板撤去作業が開始… ”教訓を伝える遺産” として保存へ】

Category: 原子力、原子炉, 復興情報, 東京電力, 社会情勢、世論, 福島第一原発, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/21, 20:49

~ ”完了は来年1月10日頃になる見通し…双葉町は外した看板を役場の倉庫で保管し、浪江町にまたがる地域で国と県が建設する復興祈念公園での展示を検討している” ~

福島:双葉町 【原発推進の標語を掲げた看板…1月10日までに撤去へ】

Category: 原子力、原子炉, 復興情報, 東京電力, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/15, 18:56

~ ”双葉町は、撤去・保存を決めていた町内の原発推進標語の広報塔を21日から1月10日までの間に撤去する…撤去後は町役場の倉庫に保管するという” ~

福島:双葉町 【原発推進の標語を掲げた看板…撤去しての保管を自治体が決定へ】

Category: 原子力、原子炉, 社会情勢、世論, 福島第一原発, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 6/18, 19:08

~ ”福島原発事故以前、双葉町の象徴になっていた原子力の推進をPRする標語が書かれた看板について…町は負の遺産とするべく撤去した上での保管を決定、標語の考案者らからは現場での保存を求める声もあったが、17日に町長が発表した” ~

福島市 【 ”震災復興祈念館” …若手有志らが2020年の東京五輪までの建設目指す】

Category: 復興情報, 生活, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 6/10, 17:45

~ ”津波の被災地ではなく、多くの人が訪れる福島市に「震災復興祈念館」を作ろうとする計画…民間の若手有志らが、2020年東京五輪・パラリンピックまでの建設を目指しイベントなどを繰り広げている” ~

福島:富岡町 【津波で大破した駅施設… ”震災遺産” として保存へ】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 2/25, 15:47

~ ”富岡町が、震災の津波で大破したJR常磐線富岡駅の改札や駅名が記された看板(駅名標)などを、「震災遺産」として保存する…今後、改札などの放射線量を測定し、問題がなければ町の収蔵庫で保存する方針” ~

福島:避難指示区域 【壊れた標識や看板を ”震災遺構” に…博物館で公開へ】

Category: 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 2/20, 18:00

~ ”公開されるのは、津波で押しつぶされた道路の案内標識(南相馬市など)、地震が発生した2時46分で止まった美容室の時計(富岡町)、避難指示で配達されずに販売店に積まれたまま残されていた2011年3月12日付の新聞(浪江町)――など” ~

宮城:南三陸町 【震災遺構の ”防災対策庁舎” …2031年まで県有化する事で解体議論を棚上げに】

Category: 復興情報, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 1/29, 23:42

~ ” 南三陸町防災対策庁舎を2031年まで県有化する意向が28日、村井嘉浩知事から町に伝えられた…「今、町を二分する問題に終止符を打つのは無理。時間を掛け冷静な議論の後に決めてほしい」という提案に、住民の思いは様々だ” ~

岩手:宮古 【 ”震災遺構” のたろう観光ホテル…同じ地区の高台に新たな施設を建設へ】

Category: 復興情報, 産業, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 1/18, 20:06

~ ”震災で大きな被害を受けた宮古市田老地区の「たろう観光ホテル」は、津波の痕跡を後世に伝える「震災遺構」として国の支援を受けて保存されることが決まっている…営業再開に向けて同じ地区の高台に新たな施設を建設することとなった” ~

宮城 【 ”震災遺構” の認定…沿岸の被災15自治体が決定を県に一任へ】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 11/23, 11:23

~ ”震災の記憶を後世に残すいわゆる震災遺構…宮城県の村井知事は沿岸15の市長と町長らを集めて会議を開き、どの遺構を残すか県に判断の一任を求め了承された” ~

≪PAGE-TOPへ≫