Tagged "被曝" の記事一覧

福島原発 【作業員の ”集団被曝線量” が原発事故前の6倍超に】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 福島第一原発, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/29, 20:46

~ ”東京電力福島第1原発事故後の約5年間に、同原発で働く作業員が被曝した放射線量の総量である「集団被曝線量」が、事故前の5年間に比べ6倍以上に上ることが判明” ~

原子力規制委員会 【線量計を巡る報道で朝日新聞に ”取材制限措置” …電話取材は一切拒否・対面でも録音を義務付け】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/18, 23:02

~ ”川内原発周辺の放射性物質観測装置の整備は「不十分」と報じた朝日新聞に対し、抗議した原子力規制委員会…その後もゴタゴタは続き、無期限の取材制限措置を通告する事態に” ~

原子力規制委員会 【 ”無用な不安を煽り犯罪的” と朝日新聞記事に抗議…朝日は見解を掲載】

Category: 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/17, 17:09

~ ”原子力規制委員会が、川内原発周辺に設置された放射性物質の観測装置の「整備が不十分」と報じた朝日新聞記事に、謝罪や訂正記事を求めている問題…朝日は17日付朝刊で、「(観測装置は)避難させる大切な指標となる」とした見解を掲載した” ~

原子力規制委員会 【川内原発周辺の線量計を ≪性能不足≫ と報じた朝日新聞を批判… ”機能が違うだけ・非常に犯罪的で十分に反省してもらいたい” 】

Category: 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/16, 20:33

~ ”14日に朝日新聞に掲載された記事では、川内原発周辺に設置された観測装置のうち、半数が「事故時の住民避難の判断に必要な放射線量を測れない」としていたが…原子力規制委員会は「機能が違うだけ。低線量を測る装置と、高線量を測る装置を組み合わせて設置しており、避難判断のために全体をカバーしている」と説明し、朝日新聞を批判した” ~

九州電力:川内原発 【周辺の線量計の半数が ≪性能不足≫ か …鹿児島県原子力安全対策課は ”問題無い” 】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/14, 19:00

~ ”川内原発周辺の放射線監視装置(モニタリングポスト)のうち、ほぼ半数の48台中22台が事故発生時の即時避難の基準となる高い放射線量を測定できないことが判明した” ~

福島 【甲状腺癌患者らが ”家族の会” を発足…5家族7人が既に入会】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/13, 12:32

~ ”原発事故発生後に甲状腺癌と診断された患者とその家族の、交流や情報交換を目的とした「甲状腺がん家族の会」が12日に発足…治療などに関する情報交換や、課題解決のために政府や県に働きかけを行っていく方針” ~

福島 【100人以上の子供が甲状腺癌と確定も… ”放射線の影響とは考えにくい” 】

Category: 健康、医療, 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/16, 18:16

~ ”福島県の有識者検討委員会は15日、原発事故を受け甲状腺癌と確定した子どもが100人を超えた事について…「放射線の影響とは考えにくい」とする中間まとめの最終案を大筋で了承した” ~

丸川環境相 【 ”被爆1ミリシーベルトに根拠無し” 発言を撤回…国会で野党から追及】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/15, 16:27

~ ”丸川環境相は、福島第1原発事故の除染の長期目標値に「何の科学的根拠もない」と発言したことを認めて、国会の場でも発言を撤回…15日の予算委員会では、民主党の長妻代表代行らが「大臣の資格なし」と厳しく批判している” ~

丸川環境相 【 ”被爆1ミリシーベルトに根拠無し” 発言を福島県などに陳謝…発言事態は撤回せず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/12, 17:18

~ ”政府の長期的追加被曝線量の目標「年間1ミリシーベルト」について、丸川環境相が「何の科学的根拠もない」と発言したとされる問題…環境相は12日、福島県などに謝罪したことを明言、一方で発言そのものを撤回する考えはないことを強調した” ~

福島 【国連科学委員会が調査結果を報告… ”発癌率上昇は予測されず” 】

Category: 健康、医療, 国際情勢、海外からの支援, 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/11, 0:16

~ ”原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は9日、福島第1原発事故の健康への影響に関する2013年福島報告書の追跡調査結果を説明…「原発事故で発癌率が明確に上がるとは予測されない」との認識をあらためて示した” ~

福島 【震災5年を機に ”国際シンポジウム” …福島医大で一般公開】

Category: 健康、医療, 国際情勢、海外からの支援, 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/9, 18:27

~ ”福島医大は3月8日、「東日本大震災そして福島原発事故から5年...この道を忘れず 未来につなげよう」をテーマにした国際シンポジウムを開く…医療関係者だけでなく、一般に公開するのは初” ~

福島原発 【敷地内の放射線量が低減…一部では防護服を脱げる場所も】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 福島第一原発, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/9, 18:12

~ ”福島原発では現在、約7千人が廃炉作業に当たっている…廃炉までは最長40年かかり課題は山積しているが、敷地内の放射線量は大幅に下がり、通常の服で立ち入りが可能な場所も設けられた” ~

福島 【原発80キロ圏の放射線量が65%減少…事故から4年半】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/3, 20:04

~ ”原子力規制委員会は2日、原発事故がから4年半後の昨年9月時点の原発半径80キロ圏の放射線量分布マップを公表…比較可能な2011年11月時点のデータと比べ、放射線量は65%減少している” ~

兵庫:篠山市 【希望者にヨウ素剤配布…再稼働した高浜原発から45キロ超】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 健康、医療, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/1, 18:52

~ ”兵庫県篠山市は31日、安定ヨウ素剤の市民への事前配布を始めた…市は最も近い関西電力高浜原発からでも45キロ以上離れており、原発の30キロ圏外の自治体が住民に事前配布するのは全国初” ~

福島原発 【2014年度の全作業員の ”年間被曝線量” …上限の50ミリシーベルトを下回る】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 福島第一原発, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/12, 13:12

~ ”2014年度に第一原発構内で作業したのは協力企業が1万9042人、東電社員が1688人…被曝線量の最大値は協力企業の作業員の39.85ミリ・シーベルトで、東電社員の最大は29.50ミリ・シーベルトだった” ~

茨城:鉾田 【 ”汚染状況重点調査地域” の指定解除へ…県内20自治体で初】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/4, 17:45

~ ”汚染状況重点調査地域は、被曝線量が年間1ミリ・シーベルト以上の地域を対象に国が原則市町村単位で指定…毎時0.23マイクロ・シーベルトが基準値で、指定自治体は国の財政負担で除染を行う” ~

福島 【法医解剖時に ”甲状腺癌” を調査…原発事故による被曝との関連を検証】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 12/31, 17:42

~ ”司法解剖など死因究明のために行う「法医解剖」は、福島県内では福島医大だけで行われている…将来的には県外でも甲状腺癌の発症頻度を同様の手法で調査し、原発事故に伴う放射線の影響を検証する方針” ~

鹿児島 【原発事故時に ”データから避難先を割り出す新システム” …川内原発での訓練を原発立地自治体らが視察】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/21, 20:46

~ ”このシステムは福島第一原発事故の後に鹿児島県が導入、放射線量や風向きなどのデータを基に避難先を割り出す…20日に行われた川内原発の訓練では、北海道や福井、新潟県など原発がある各地の自治体の担当者も視察に訪れた” ~

福島 【ドローンで上空から放射線量を計測へ…公開試験を実施】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/21, 20:38

~ ”日本原子力研究開発機構(JAEA)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、南相馬市小高区の塚原地区で小型無人航空機を使用した放射線モニタリングの実証試験を行った…平成28年度から本格運用を開始する予定” ~

福島【 ”放射線リスク” への心理メカニズム…研究結果を報告】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/20, 13:12

~ ”福島市で19日に開催された、「『放射能』はなぜ嫌われるのか?―心理学者と地域の対話」と題したシンポジウム…原発事故後に人々が放射線を嫌って避ける心理的メカニズムや放射線を嫌う情報を分析、風評被害などへの社会的対応を考えた研究プロジェクトの成果を報告した” ~

≪PAGE-TOPへ≫