Tagged "福島市" の記事一覧

福島市 【小中学校プール付近の ”表面汚染” …市教育委員会は取材拒否】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 11/26, 16:47

~ ”この福島市の学校プール表面汚染問題は、市民の訴えが実り、漸く9月から測定に乗り出すことに…だが対象は7校のみで、測定は市教委の職員が実施、測定方法や測定結果すら公表されていない” ~

福島市 【大波地区住人の9割が原発ADRを申し立て…998人(333世帯)が人月10万円の精神的賠償を請求】

Category: 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 11/18, 13:04

~ ”大波地区は福島第1原発から北西約60キロ…住民らは除染後も被曝による健康不安は解消されていないと主張、原発事故から和解成立日まで避難区域と同等の月10万円の賠償を請求している” ~

福島市 【住宅除染を9カ月前倒し…来年末の完了目指す】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 11/18, 12:55

~ ”福島市が、原発事故に伴う住宅除染の完了時期を当初予定の平成28年9月末から9カ月前倒し、来年12月末とする事を決定した…市内の住宅除染は約9万5700件で計画されており、11月1日現在の完了率は46.4%となっている” ~

福島市 【一戸建て23戸の復興住宅が完成…原発事故避難者向けでは初】

Category: 復興情報, 生活, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 9/1, 15:28

~ ”全村避難中の飯舘村民のための復興公営住宅が福島市飯野町に完成…建造されたのは木造2階建て住宅23戸だが、対象とされた子育て世帯の応募は16戸にとどまり、今後対象の拡大を検討するという” ~

福島市 【陸上自衛隊駐屯地と火災時出動協定を締結】

Category: 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 8/4, 18:20

~ ”福島市と陸上自衛隊福島駐屯地は、駐屯地近郊で火災が発生した際、自衛隊消火部隊が出動し、市の消防や消防団と連携して消火活動に当たる協定を結んだ…陸自が自治体と火災出動協定を結ぶのは初” ~

福島市 【市が ”放射線に負けない体を作りましょう” とのWEBサイトを公開…市民に動揺も】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 7/24, 15:47

~ ”福島市が突然「放射線に負けない体を作りましょう」というWEBサイトを公表、ネットを中心に大きな話題に…その後に誤解を生じたとして「放射線の影響を受けにくい生活をしましょう」というタイトルに変更するも、基本的な内容は変わっていない” ~

福島市 【来年にも ”復興牧場” を開業へ…酪農家の営農再開を支援】

Category: 復興情報, 産業, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/23, 22:59

~ ”牧場施設は南相馬・浪江・飯舘の3市町村の酪農家5戸が4月に設立した農業生産法人「フェリスラテ」に貸し、同社が運営する…敷地面積は3.6ヘクタール酪農牧場としては福島県内で最大、東北でも有数の規模となる” ~

福島市 【市長が山形訪問…避難中の被災者らと懇談】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/7, 15:18

~ ”福島市から山形県内に避難している人たちは約750世帯…避難者らからは内部被曝検査の受け方などに関する質問や、借り上げ住宅入居期間延長を求める声などがあがった” ~

福島市 【地元の住宅情報誌が休刊に…復興特需で空き物件無し】

Category: 復興情報, 生活, 産業, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 6/29, 1:12

~ ”休刊するのは、福島市を中心に住宅情報を20年以上提供してきた月刊誌「福島住まい情報」…福島原発事故以降、廃炉や除染の仕事をする人でアパートやマンションの賃貸物件が埋まり、空きがほとんど出ない状態が続いている” ~

福島市 【除染下請け業者が住民に請求書…元請け業者との契約でトラブル・住民は ”支払う必要はない” 】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 4/19, 19:21

~ ”福島市発注の除染事業で、下請け業者が同市松川町の住民らに除染費用の請求書を配っていたことが17日、分かった…市は「支払う必要はない」と住民に呼び掛けている” ~

福島市 【17日に市長選迫る…現職と2新人の3候補が立候補・避難と除染が争点】

Category: 政府対応、政治, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2013, 11/13, 15:38

~ ”福島市は福島第1原発事故で約6000人の市民が市外に自主避難する一方、約9700人の避難者を受け入れている…人口の大規模な流入と流出が併存する市の現状と選挙戦は如何に” ~

福島市 【水道料金減収で東電に賠償請求も…支払われない為に原子力損害賠償紛争解決センターに仲介申し立て】

Category: 東京電力, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2013, 10/31, 17:07

~ ”福島市はこれまで12年に2回賠償を求めたが、東電は「事故と減収の因果関係の証明は困難」などと主張し、これまで約100万円の支払いにとどまっていた…申し立てにより東電は「和解仲介手続きにのっとり、適切に対応する」としている” ~

福島市 【市役所に除染情報センターを設置…窓口での相談も実施】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2013, 4/2, 15:26

~ ”センターにはタッチパネル式モニター3台が設置され、市内の公共施設や住宅、農地などで進む除染作業の進捗状況を確認でき、除染手法も学べる” ~

福島市 【渡利地区で本格的な住宅除染を開始】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 2/23, 15:34

~ ”住宅密集地での面的な除染は県内で初めて…全民家約6700戸を含む全域を12月末までに除染、このうち高線量や子供がいる世帯など727戸を優先し3月末までに終える計画” ~

福島市 【新たに渡利地区の米農家から基準値超えセシウム検出】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 産業, 被災地の状況, 食品 | Posted Date: 2011, 12/17, 1:43

~ ”渡利地区での規制値超えは4戸目…政府は既に同地区を含む旧福島市のコメの出荷停止を指示している。規制値超えが確認されたのは福島市、伊達市、二本松市の農家計25戸に拡大した” ~

福島市 【新たに渡利地区の米からも規制値超えのセシウム検出】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 産業, 被災地の状況, 食品 | Posted Date: 2011, 12/3, 0:08

~ ”JA新ふくしまの菅野孝志代表理事専務:「空間放射線量が高いことが分かっていた地域の検査は、サンプル数を増やすなどもっと配慮すべきだった」” ~

福島市 【大波地区から規制値超えセシウムで農家に波紋… ”県が『コメを作るな』と指示していれば” 】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 産業, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 食品 | Posted Date: 2011, 11/26, 23:18

~ ”福島市大波地区で生産された玄米から規制値超えのセシウム検出…「大波でこんなに見つかるとは思っていなかった。コメがもう作れなくなるかもしれない」” ~

福島市 【18日から本格的な除染開始…スタートは大波地区】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 被災地の状況 | Posted Date: 2011, 10/6, 1:39

~ ”市が全額費用負担して実施する放射線量が毎時2.5マイクロシーベルト以上と、18歳以下の子どもがいる毎時2.0マイクロシーベルト以上の世帯から開始する” ~

福島市 【2年間で全世帯を除染…計画を公表】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 被災地の状況 | Posted Date: 2011, 9/27, 17:56

~ ”除染で出た放射性物質を含む土などの処理方法は決まっていない…福島市は27日に計画を公表、今後住民への理解を求めたいとしている” ~

福島市 【世界14カ国の放射線専門家が集まり国際会議を開催】

Category: 健康、医療, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 被災地の状況 | Posted Date: 2011, 9/12, 0:47

~ ”放射線医学総合研究所の明石真言理事:「市民は何が正しい情報なのか分からず混乱している。科学的な知見に基づき同じ情報を発信すべきだ」” ~

≪PAGE-TOPへ≫