Tagged "石棺" の記事一覧

ウクライナ:チェルノブイリ原発 【建設の進む ”新シェルター” を公開…今後100年間封印へ】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/26, 14:19

~ ”新シェルターは鋼材などでつくられ、高さ109メートル、幅257メートル、長さ162メートル…地震や竜巻にも耐えるように設計され、今後100年間の封じ込めをめざす” ~

ウクライナ:チェルノブイリ原発 【事故発生から30年…シェルター建設が最終段階に】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/2, 0:21

~ ”旧ソ連時代の1986年4月26日に、過去最悪の事故を起こしたウクライナ北部のチェルノブイリ原発…丸30年の節目を控えるが、今も毎日数千人規模の職員らが管理・廃炉などの作業に当たり、爆発があった4号機にかぶせるアーチ型シェルターの建設は最終段階を迎えている” ~

チェルノブイリ原発 【耐用年数100年の新シェルター建設へ…EUなどが資金拠出か】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 3/18, 14:06

~ ”原発を囲む新しいシェルターである「新安全閉じ込め構造物(NSC)」は高さ100メートルの鉄鋼製で、事故を起こした原子炉を少なくとも100年にわたり封じ込める…その費用は設計の修正やプロジェクトの規模が変わったことで膨れている” ~

原子力規制委員会:田中委員長 【火山学会の審査基準見直し提言に批判 ”もっと早急に発信して…夜も寝ないで観測をして” 】

Category: 原子力、原子炉, 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 11/6, 20:26

~ ”日本火山学会委員会の火山影響評価の見直しなどを求めた日本火山学会委員会の提言について…原子力規制委員会の田中委員長:「もっと早急に発信してくるべき…火山学会挙げて夜も寝ないで観測をして、国民のために頑張ってもらわないと困るんだよ」” ~

チェルノブイリ原発 【 ”石棺” の密閉作業…予定より2年延長へ】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 10/24, 18:10

~ ”ウクライナ北部のチェルノブイリ原発事故が起きた4号機を覆う「石棺」を巨大なシェルターで密閉する作業…予定されていた来年10月から2017年11月へと大幅に遅れる見通しに” ~

チェルノブイリ原発 【老朽化でひび割れる ”石棺” …放射能漏れも大きく】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 1/27, 15:11

~ ”チェルノブイリ原発の石棺は事故から27年が経ち、ひび割れがひどくなり、2年前には原発から50メートルほどの所で、最大毎時18マイクロSVが漏れていることが分かっている” ~

チェルノブイリ原発 【老朽化で建物が崩落…石棺も腐敗が進む】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 4/25, 16:34

~ ”チェルノブイリ原子力発電所で今年2月に建物の一部が崩落した事故…ずさんな修理と老朽化が原因とする報告書をウクライナ政府の事故調査委員会がまとめていたことが判明した” ~

チェルノブイリ原発 【大量の雪で屋根が崩落…ウクライナの非常事態省が発表】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 2/14, 2:59

~ ”崩れたのは原子炉を覆って放射線を遮断する「石棺」の一部ではなく、建物の構造上重要な部分…事故発生は12日で、周辺の放射線量に異常はなく怪我人もいないという” ~

チェルノブイリ原発 【未だ続く原子炉の密閉作業…耐用年数100年のアーチ型シェルターを建設中】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 12/29, 11:52

~ ”1986年4月26日、4号機が爆発し大量の放射性物質が放出された…約30人の運転員・消防士が事故後まもなく死亡、その後の被曝による死者数は4000人に上ったとみられている” ~

チェルノブイリ 【石棺の老朽化で新たにアーチを建造…事故から26年も未だに高線量状態は続く】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 11/28, 11:56

~ ”建造物は幅250メートル余り、高さ105メートルの巨大なアーチ型をしており、100年にわたって放射性物質を密閉するよう設計されているという” ~

チェルノブイリ原発 【石棺の劣化に伴い鉄のアーチを建造…2015年完成予定】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 3/7, 2:05

~ ”爆発した4号機は既に「石棺」と呼ばれるコンクリートが被せられているが、老朽化し崩落の危険と放射性物質漏れも疑われ、新たな構造物が必要とされていた…耐用年数は100年との事” ~

≪PAGE-TOPへ≫