Tagged "海洋研究開発機構" の記事一覧

海洋研究開発機構 【 ”アウターライズ地震” を起こす断層を調査…東北地方の日本海溝で】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/13, 12:26

~ ”大津波が生じやすい「アウターライズ地震」を起こす断層について、海洋研究開発機構が東北地方の日本海溝沖合で本格的な調査を開始…アウターライズ地震の防災目的の断層調査は初めて” ~

海洋研究開発機構 【福島原発沖の放射線セシウム…毎年9-10月に上昇か】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 8/27, 15:51

~ ”海洋研究開発機構と米ウッズホール海洋研究所が観測結果を公開…福島原発沖で放射性セシウムが付着した海底の土や泥が台風で巻き上げられ、流されたと推定されるという” ~

海洋研究開発機構 【福島原発沖の放射線セシウムの様子を明らかに】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 8/24, 14:26

~ ”海洋研究開発機構(JAMSTEC)…福島第一原発の南東沖の大陸斜面で、放射性セシウムが付着した海底堆積物が沖合に向かって水平移動している様子を捉えることに成功した” ~

海底地震計に ”ナガスクジラ” の声 【人間には聞こえない低い周波数】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 地震、津波, 自然、環境 | Posted Date: 2015, 3/1, 14:27

~ ”絶滅のおそれがあるとされる、世界で2番目に大きい「ナガスクジラ」とみられる鳴き声が、日本の近海の海底に設置されている海底地震計で捉えられていたことが判明…海中でも遠くまで届くように低い周波数の鳴き声を出していると考えられる” ~

海洋研究開発機構 【紀伊半島南東沖の深海底から、南海トラフ震源域由来の ”水分” を検出】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 2/15, 0:16

~ ”紀伊半島南東沖の深海底に泥状の堆積物が噴出した「泥火山」…海洋研究開発機構が探査船「ちきゅう」で掘削し分析したところ、大地震の震源域となる南海トラフのプレート境界付近から上昇してきた水分が検出された” ~

地球の新しい ”常時振動” 【海洋研究開発機構が南海トラフで発見…世界初】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 2/3, 17:47

~ ”地球は大気や海洋の乱れで常時振動しているが、海洋研究開発機構によって『音響レーリー波』でも常時振動が起きている事が新たに発見された…この振動は南海トラフで微小地震がたくさん起きている領域から観測され、地震研究に新しい視点を提示する発見としても注目される” ~

震災原因となった東北沖のプレート 【 ”滑りやすかった” ことが海底下の温度調査で判明】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 12/6, 15:35

~ ”宮城県沖約220キロの日本海溝近くを地球深部探査船「ちきゅう」で掘削…滑ったプレート付近の地層の温度を測定し、摩擦で生じた熱が比較的小さいことから判明した” ~

海洋研究開発機構 【日本海溝の海底7200メートルからセシウム検出…震源から115キロ・震災から4カ月後】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 5/30, 12:11

~ ”震災から4カ月後の2011年7月、震源から約115キロメートル離れた日本海溝の太平洋側の水深約7200メートルの深海底で、微量の放射性物質「セシウム134」を検出…海洋研究開発機構が明らかに” ~

海洋研究開発機構 【太平洋沖10地点のプランクトンからセシウムを検出】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 5/22, 11:58

~ ”福島原発事故で海に放出された放射性セシウムが、太平洋沖の10地点で測定した全てのプランクトンから検出された…検出濃度は北緯25度付近が最も高かったという” ~

海洋汚染 【福島原発からの汚染水…表層より深部でセシウム濃度高く・黒潮の下に沈み込んだ可能性も】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 福島第一原発, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2013, 5/20, 21:22

~ ”海洋研究開発機構のチームが分析…「福島第1原発から流出した汚染水が、暖かい黒潮の下に沈み込んだのではないか」” ~

M8級の巨大地震 【5千年に10回発生…海洋研究開発機構がスーパーコンピューターで試算】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 1/10, 13:52

~ ”これまで想定されていなかった仕組みと場所で起きる巨大地震を、海洋研究開発機構などのチームがスーパーコンピューター上で再現…9日付の英科学誌ネイチャーに発表した” ~

北極海の温暖化で日本は ”厳冬” に【氷が減ると寒波が日本に到来】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 生活, 自然、環境 | Posted Date: 2013, 1/7, 11:48

~ ”地球温暖化で北極海を覆う氷が減少すると、日本の冬は寒くなる―そんな意外な気候変動の仕組みが、独立行政法人・海洋研究開発機構の研究で明らかに” ~

探査船 ”ちきゅう” 【人類未踏の ”マントル” を掘削へ… ”地球科学史上の最難関” 】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 社会情勢、世論, 自然、環境 | Posted Date: 2012, 11/3, 2:21

~ ”マントルは地殻と核の間にある岩石の層…地球の質量の7割近くを占め、大陸移動や火山活動の原動力とされる物質だが、人類史上まだ実際に手に取った者はいない” ~ ≪関連記事はこちら≫

宮城沖の海底が50メートル盛り上がる 【日本海溝の最深部…震災影響を物語る】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 8/20, 11:47

~ ”地震に伴い日本列島を乗せた北米プレートが東南東に滑り、太平洋プレートの上の堆積物をはぎ取るような形で持ち上げた…海溝型地震の断層の動きが確認されたのは世界初” ~

探査船 ”ちきゅう” 【震災震源域の岩石を採取…震災原因のプレート断層かを分析へ】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 5/26, 1:26

~ ”掘削地点は牡鹿半島の東約220キロ、水深約6900メートルの海底下約820メートルの場所から、プレート境界断層の粘土質岩石を初めて採取した” ~
≪関連記事はこちら≫

海洋研究開発機構 【津波地震に繋がる可能性…南海トラフで ”超低周波地震” を観測】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 5/8, 0:53

~ ”超低周波地震が観測されたのは、和歌山県新宮市から沖合100キロの南海トラフ沿い。2009年3月、30~100秒かけてゆっくり滑る地震(マグニチュード4程度)を、3台の海底地震計が捉えた” ~
≪関連記事はこちら≫

地球探査船 ”ちきゅう” 【海底の調査掘削の世界記録を更新…宮城県沖で7740メートル】

Category: 地震、津波, 社会情勢、世論, 自然、環境 | Posted Date: 2012, 4/28, 2:45

~ ”≪ちきゅう≫ は水深6883・5メートルの海底までドリルを下ろし、その下856・5メートルまで掘削…海面からの深さで7740メートルまで達し、海底の調査掘削の世界記録を更新した” ~

最強クラスの台風 【地球温暖化で増強…本州が危険に晒される】

Category: 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 4/19, 1:46

~ ”現在はは70~100年に1回程度しか本州沿岸に接近しない最大風速54メートル超の最強クラスの台風…温暖化の影響で今世紀末には10~20年に1回程度接近と大幅に増加する可能性も” ~

震災震源の海底を掘削 【探査船 ”ちきゅう” …15日にも開始へ】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 4/14, 1:55

~ ”震源付近の宮城県牡鹿半島沖約220キロで、深さ約7千メートルの海底…東日本大震災の発生メカニズムを解明するため、地球探査船「ちきゅう」は15日にも海底の掘削を始める” ~

沖縄 【海底から ”レアメタル” の採取に成功…中国も注目を寄せている模様】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 産業, 自然、環境 | Posted Date: 2012, 3/28, 1:50

~ ”海洋研究開発機構が沖縄県沖で海底の熱水から希少金属(レアメタル)を豊富に含んだ鉱物資源の採取に成功…このニュースは中国でも注目、新華社をはじめ各メディアが報じている” ~

≪PAGE-TOPへ≫