Tagged "指定廃棄物" の記事一覧

福島 【 ”中間貯蔵施設” の建設用地取得…環境省が2032年度までに最大7割取得の見通し示す】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/27, 12:35

~ ”福島県内の除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設について、環境省は26日までに、予定面積約1600ヘクタールのうち、平成32年度末までに少なくとも4割に当たる640ヘクタール、最大で7割の1150ヘクタールの用地を取得できるとの見通しをまとめた” ~

宮城 【指定廃棄物の処分場建設…環境省が候補地調査を当面凍結へ】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/23, 13:27

~ ”宮城県内の指定廃棄物処分場候補地への詳細調査について…丸川珠代環境相は22日の、村井嘉浩知事から当面凍結するよう要請を受けたことを明らかにし、「意向は最大限尊重したい」と応じる考えを示した” ~

宮城 【基準値以下の廃棄物処理を優先へ…難航する処分場建設は先送り】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/20, 13:07

~ ”19日の宮城県の市町村長会議で村井嘉浩知事は、膠着状態にある処分場建設問題を先送りして、指定基準(1キロ当たり8000ベクレル)を下回る廃棄物の処理加速に舵を切った ” ~

福島 【環境省が ”中間貯蔵施設” 建設予定地を公開…積み上がる除染廃棄物】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/25, 14:04

~ ”環境省は24日、福島県内の除染で出た廃棄物の中間貯蔵施設予定地内にある保管場を報道陣に公開した…地権者との用地交渉が進展せず、搬入の完了時期は見通せない” ~

福島 【環境省が ”中間貯蔵施設” 建設を今秋にも着工へ…2017年に稼働予定も用地買収進まず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/20, 15:28

~ ”汚染土などを管理する中間貯蔵施設(大熊・双葉両町)について、環境省は10月にも貯蔵や焼却など一部施設の建設工事を開始する意向を示した…しかし施設の用地取得は、1月末時点で全体の1%程度にとどまっている” ~

宮城 【除染廃棄物の放射線量…基準値超えが3分の1以下に減少】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/17, 19:55

~ ”原発事故で発生した宮城県の指定廃棄物約3400トンを再測定した結果、基準を超えた廃棄物の量が全体の3分の1以下に減少していたことが判明…原発事故から5年がたち、放射性物質の濃度が下がったとみられる” ~

福島 【未だに11万カ所超で汚染土を現場保管…中間貯蔵施設の建設進まず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/11, 21:04

~ ”福島県では、市町村除染だけでも約900カ所の仮置き場が未だ存在する…さらに仮置き場を確保できなかった地域では、住宅の庭先や駐車場など約11万3600カ所で現場保管が続いている” ~

茨城 【原発事故の指定廃棄物…環境省が分散保管の継続を許可】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/4, 20:15

~ ”東日本の12都県に保管されている指定廃棄物について、環境省による5県で新処分場を建設する計画は地元の反対などでメドが経っていない…その中で茨城県に限って、現在の場所で分散して保管を続ける方針に” ~

福島 【県職員を来年度から国に派遣へ…中間貯蔵施設用地取得を補助】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/31, 13:20

~ ”福島県では処理施設の用地取得が進まず、廃棄物が住宅地などの生活圏に仮置きされている状況が続いている…国と連携して施設建設を急ぐ為、地権者との交渉を担当する職員を10~15人程度、派遣する方針を固めた” ~

中間貯蔵施設 【9府県の知事が受け入れを ”拒否” … ”前向きに検討する” はゼロ】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/28, 19:21

~ ”47都道府県の知事に解答を求めたアンケート結果より…明確に拒否したのは山形・福島・新潟・京都・徳島・香川・高知・熊本・沖縄で、残りは「どちらでもない」「無回答」が占め、「前向きに検討する」と回答した自治体はゼロだった” ~

千葉 【 ”指定廃棄物” の解除ルール…自治体毎に適用に温度差】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 東京、首都圏の状況, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/20, 17:31

~ ”基準を下回った指定廃棄物を解除できる政府の「指定解除ルール」の活用を巡り、千葉県内自治体に温度差が見られている…千葉市は「指定解除ルール」の活用を表明、一方で流山など4市は、解除後に処理責任が発生する可能性があることなどから消極的な姿勢を示している” ~

環境省 【 ”5県で指定廃棄物の処分場建設を断念” との報道を否定】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/20, 17:06

~ ”原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場問題で、環境省が宮城など5県で集約処分を断念したとする報道について…丸川珠代環境相は19日に「そのような事実はない」と否定、指定廃棄物の集約管理の安全性をあらためて強調した” ~

政府 【5県で指定廃棄物の処分場建設を断念へ…現状の分散保管を継続】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/16, 15:03

~ ”政府は15日、原発事故で発生した指定廃棄物に関し、宮城など5県内の各市町村がごみ処理場や下水処理施設などで分散保管する方式を継続する方針を固めた…処分場を5県に1カ所ずつ設置する計画は地元の反対が強く、無理に調整を進めないことで事実上断念する” ~

福島 【 ”中間貯蔵施設” の用地取得…地権者2365人のうち契約締結は22人のみ…1000人とは未だ連絡も取れず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/30, 19:33

~ ”福島県が昨年8月に建設受け入れを決定してから1年4カ月が経過も、建設予定地の大熊・双葉両町の地権者2365人のうち、契約がまとまったのは22人のみ…地権者約1000人とは連絡が取れておらず、うち約560人は既に死亡したという” ~

環境省 【指定廃棄物の解除ルールを作成へ…3000トン以上が基準下回る】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/16, 19:37

~ ”指定廃棄物は9月末現在、全国12都県に計約16万6329トンが保管されているが…徐々に放射性物質濃度の低下が見込まれ、基準値を下回った指定廃棄物の総量は3000トン以上と推計されている” ~

宮城 【 ”指定廃棄物処分場は福島に集約を” …加美町長の発言に福島県が反発】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 12/15, 18:47

~ ”13日に行われた宮城県内の市町村長会議で、猪股洋文加美町長が県内の除染廃棄物も福島県の仮設焼却施設で処分することを提案…行き詰まった末の集約論に対し、福島県内の首長や住民からはと批判の声が上がっている” ~

千葉市【東電施設内への ”指定廃棄物” の処分場建設計画…改めて市長が拒否】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 東京、首都圏の状況, 東京電力, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/14, 17:45

~ ”千葉市内にある東電:千葉火力発電所の敷地が「指定廃棄物」の処分場の候補地に選ばれた事について…環境省の井上副大臣が千葉市を訪れるも、千葉市の熊谷市長は「(現地)調査は受け入れられない」と拒否、話し合いは平行線で終わった” ~

宮城 【栗原市・大和町・加美町が ”指定廃棄物処分場” 候補地を返上…白紙撤回を要求】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/14, 17:23

~ ”指定廃棄物の宮城県内での処分場建設を巡り、環境省は13日、仙台市内で同県市町村長会議を開いた…候補地の栗原市・大和町・加美町の3市町はそろって選定の白紙撤回を要求、処分場建設の先行きは一段と不透明に” ~

宮城:仙台 【 ”指定廃棄物処分場” 建設に向けた市町村会議を開催…環境省の対応は】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/13, 13:59

~ ”指定廃棄物の処分場建設を巡り、1年4カ月ぶりとなる市町村長会議が13日、仙台市で開催される…環境省が栗原市、加美町、大和町の3候補地で試みた詳細調査が2年続けて越年となったことを受け開催を求めたものとなる” ~

福島:大熊町・双葉町 【中間貯蔵施設建設の交付金…生活支援 ”1人年10万円” 上限に】

Category: 復興情報, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 経済, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 12/11, 19:16

~ ”国の交付金計850億円を活用して実施する町民の生活支援事業…1人当たり年10万円を上限に補助する方向で調整されており、5人世帯の場合、年50万円が上限となる” ~

≪PAGE-TOPへ≫