Tagged "動物" の記事一覧

アメリカ 【昨年12月の原発停止事故…原因は ”鳥のフン” 】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 3/5, 18:45

~ ”米ニューヨーク州北部でインディアンポイント原子力発電所を運営する企業エンタジーは5日までに、同原発で昨年12月に発生した稼働の一時停止について鳥の「フン」が原因の可能性があると報告した” ~

”乳牛” で地震予知 【大地震発生の2~3週間前に乳量が減少…データに注目】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策, 食品 | Posted Date: 2016, 2/29, 17:59

~ ”データを導き出したのは、地震予知学会会員で麻布大学獣医学研究科の山内寛之研究員…「乳牛は毎日の乳量を継続的に観測できる。地震の前には何らかの変化が起こるのではという仮説のもと調査を始めた」” ~

福島 【魚介類の放射性物質検査で基準値超が大幅減…試験操業への反映も】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 産業, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策, 食品 | Posted Date: 2016, 1/18, 17:29

~ ”福島県沖の魚介類を対象とした放射性セシウム検査で、平成27年に調べた約180種類、8577点のうち食品衛生法が定める基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えたのは4点、割合は全体の0・046%だった…基準値超の検体数は検査を開始した23年4月以降、減少傾向にあり、27年に初めて1桁となった” ~

福島原発 【建屋内に ”キツネ” 侵入…監視カメラで撮影】

Category: 東京電力, 福島第一原発, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 12/29, 17:59

~ ”東電によると、21日午前5時50分ごろ、建屋1階にある原子炉に通じる配管前を行き来するキツネが、カメラで撮影された…現場は毎時10~200ミリシーベルトと高い放射線量が確認されている” ~

福島 【原発20キロ圏で採取の魚介類全73点…全てが基準値の100ベクレル以下に】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 自然、環境, 被災地の状況, 食品 | Posted Date: 2015, 12/9, 15:27

~ ”東京電力は8日、試験操業の対象外となっている福島第1原発から半径20キロ圏内の海域で10月に放射性物質検査のため採取した魚介類73点すべてが、食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)以下だったことを明らかに” ~

福島 【帰還困難区域で被曝牛を ”健康診断” …血液採取を実施】

Category: 健康、医療, 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策, 食品 | Posted Date: 2015, 12/7, 18:42

~ ”岩手大や北里大の研究者や地元畜産農家らで組織する「原発事故被災動物と環境研究会」が6日、福島県大熊町などで飼育されている牛について、血液採取などの健康調査を実施した” ~

宮城:白石 【放射能汚染の牧草を福島:浪江の牧場に搬入…町長から抗議受ける】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 産業, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 11/21, 19:14

~ ”白石市は10月末から11月中旬までに、浪江町の「希望の牧場・ふくしま」が研究目的などのために飼育している牛のえさとして、指定廃棄物の基準に達しない汚染牧草約500トンを搬している…浪江町の馬場町長は20日に同市を訪れ、「町民の帰還意欲の低下を招く」などと抗議した” ~

福島:相馬 【避難区域に急増するイノシシ…専用焼却炉を設置へ】

Category: 復興情報, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 11/3, 19:44

~ ”相馬市では捕らえたイノシシを民間のペット火葬場で焼却するなど対応してきたが…処理能力が増加するイノシシの捕獲量に追い付かず、課題になっていた” ~

被災動物保護のNPO法人 【賃金不払いで書類送検… ”寄付金が少なくなり経営が厳しくなった” 】

Category: 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 11/2, 15:05

~ ”新潟労働基準監督署は2日、最低賃金法違反の疑いで、NPO法人「アニマルフレンズ・ジャパン」の女性代表理事(51)と法人としての同社を書類送検した…従業員6人の賃金、計約821万円が不払いだったとしている” ~

静岡:西伊豆 【電気柵で7人死傷の感電事故を受け…関係省庁が対策へ】

Category: 政府対応、政治, 生活, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 7/22, 14:28

~ ”今月19日、静岡県西伊豆町で家族連れなどが川岸に設置された電気柵で感電し、7人が死傷が死亡した事故について…経産省・農水省などは21日に連絡会議を開き、事故防止策の徹底を呼び掛けることに” ~

福島 【原発20キロ圏内の ”牛” …放射線の影響調査で障害認められず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 食品 | Posted Date: 2015, 7/15, 20:46

~ ”福島原発から半径20キロ圏内で飼育されている牛を調査している「原発事故被災動物と環境研究会」らによるシンポジウムで発表された…牛についての低線量被曝の研究は前例がなく、得られたデータは世界的にも貴重とされている” ~

口永良部島:新岳【噴火で希少生物にも被害…島民らに焦り】

Category: 地震、津波, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 7/12, 19:13

~ ”口永良部島は屋久島国立公園の一部で、エラブオオコウモリやウミガメ、タカツルランなど動植物の宝庫…噴火から1か月余り経つが、居住区以外の詳しい状況は依然、把握できていない” ~

水力発電のダム 【 ”野生生物7割を絶滅に導く恐れ” …南米アマゾンで調査】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 7/2, 20:58

~ ”ブラジル・アマゾン中部にバルビナダムができた結果、熱帯雨林の動物たちにどのような反応が生じているかを調査…米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に1日、論文が掲載された” ~

ツバメの巣に ”セシウム” 【13都県で検出…原発事故の影響が確認される】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 5/27, 22:02

~ ”原発事故後の2011年11月から翌年3月までに採取した13都県のツバメの巣から放射性物質が検出された…山階鳥類研究所の調査で判明” ~

福島 【野生動物の ”被曝” …原発事故後の3年間での減少は僅か】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 4/3, 18:43

~ ”原発事故後、福島県がイノシシなどの野生動物の体内に含まれる放射性物質量を3年間調査した結果、わずかな減少にとどまっていることが判明…森林の除染がほとんど行われていないことなどが要因とみられ、県は「影響は長期に及ぶ可能性がある」としている” ~

”エボラ出血熱” 【新ワクチンの開発に成功…安全性が向上】

Category: 健康、医療, 国際情勢、海外からの支援, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 3/27, 11:33

~ ”エボラ出血熱に有効な新たなワクチンの開発に、東京大医科学研究所や米ウィスコンシン大などの研究チームが成功…現在臨床試験が進められているワクチンよりも安全性が高いという” ~

福島 【避難区域で増加する ”イノシシ” …9ヶ月間で381頭を捕獲】

Category: 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 3/10, 17:58

~ ”環境省は10日、東京電力福島第1原発の周辺地域で増えているイノシシについて、昨年5月下旬から先月下旬までの間に計381頭(イノブタ15頭を含む)を捕獲したと発表した” ~

海底地震計に ”ナガスクジラ” の声 【人間には聞こえない低い周波数】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 地震、津波, 自然、環境 | Posted Date: 2015, 3/1, 14:27

~ ”絶滅のおそれがあるとされる、世界で2番目に大きい「ナガスクジラ」とみられる鳴き声が、日本の近海の海底に設置されている海底地震計で捉えられていたことが判明…海中でも遠くまで届くように低い周波数の鳴き声を出していると考えられる” ~

福島:富岡町 【避難区域で ”野生イノシシ” が活発化…活動範囲が通常の数倍に】

Category: 生活, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2015, 2/13, 20:57

~ ”、全町避難が続く福島県富岡町で、野生のイノシシの「定住地域」が避難区域以外のイノシシに比べて大幅に広い105~240ヘクとなっている事がわかった…避難区域ではイノシシの目撃例が後を絶たず、住民の帰還や農業の再開への影響が懸念されている” ~

福島:浪江町 【帰還困難区域で続く ”牛の放射線調査” …国の支援なく厳しい負担】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策, 食品 | Posted Date: 2014, 12/24, 14:45

~ ” 政府は2011年5月、旧警戒区域に残された家畜を所有者同意の上で全頭殺処分するよう福島県に指示…農家の反発を受け、出荷禁止を条件に飼育を認めたが公的な援助はなく、資金不足や家畜の死亡など多くの課題に直面している” ~

≪PAGE-TOPへ≫