Tagged "ヨウ素" の記事一覧

福島 【事故直後の放射性ヨウ素の拡散状況を公表…米国エネルギー省も調査に協力】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2013, 6/27, 13:02

~ ”ヨウ素131は半減期8日で消失が早いため、これまではセシウムによる汚染しか分かっていなかった…汚染地図は日本原子力研究開発機構と米国エネルギー省が作製した” ~

原子力規制委員会 【原発事故時の新基準…5キロ圏でのヨウ素剤配布を了承】

Category: 健康、医療, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 2/28, 5:15

~ ”おおむね5キロ圏の住民は、原発が全交流電源を喪失した場合などに避難準備を始め、全冷却機能喪失など「全面緊急事態」で避難…甲状腺の内部被曝を防ぐため平時のうちに安定ヨウ素剤を住民に配布しておき、避難時に服用を指示する事に” ~

茨城 【原発5キロ圏に安定ヨウ素剤を事前配布案…自治体は ”薬事法により現状では難しい” 】

Category: 健康、医療, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 1/25, 15:39

~ ”原子力規制委員会は24日、安定ヨウ素剤を原発の半径5キロ圏内の家庭に事前配布する等の改定案を示したが…ヨウ素剤は薬事法により、医師の処方を受けずに事前配布が認められていない” ~

福島 【18歳以下の甲状腺検査で1人に癌の疑い… ”2次検査が必要” 】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2012, 11/18, 3:11

~ ”9月にも甲状腺癌の子供が発見されたとの報道があったが…今回の件と同一かどうかは不明” ~ ≪関連記事はこちら≫

福島:18歳以下の甲状腺癌 【発見した県立医大医師 …冷静な対応を求める ”詳細はプライバシーにより非公開” 】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 9/12, 1:51

~ ”記者会見した鈴木真一教授:「大人より子供の方が発症後の経過が良いので慌てなくていい…超音波などの機器の精度も良くなったということもある」と話し、冷静な対応を呼び掛けた” ~
≪関連記事はこちら≫

福島 【18歳以下の甲状腺検診で癌が見つかる…通常は数十万人に1人の確率】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2012, 9/11, 19:59

~ ”福島県は原発事故当時18歳以下だった子供全員を対象に検査を行い、ことし3月までに避難区域の3万8000人余りが検査を受けた…60人からしこりが見つかるなどして60人が再検査を受け、このうち1人から甲状腺癌が見つかった” ~

内閣府 【福島以外でも子供の甲状腺検査を実施へ…3人に1人の割合の ”しこり” を問題視】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 8/27, 11:57

~ ”福島県は18歳以下の全ての子供を対象に甲状腺の検査を実施…今年3月末までに検査を受けた3万8000人に癌はなかったが、3人に1人に当たる36%にしこりなどが見つかっている” ~

アメリカ西海岸 【昨年4月にコンブからヨウ素検出…福島原発事故の影響】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 食品 | Posted Date: 2012, 4/11, 0:52

~ ”コンブの一種「ジャイアントケルプ」…ヨウ素は最大で、乾燥したケルプ1キログラム当たり2500ベクレル。チェルノブイリ事故後に北米西海岸で検出したのと同レベルだったという” ~

東京で生活した場合の内部被爆 【 ”発癌リスクはベンゼンより高くカリウム40より小さい” 】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 東京、首都圏の状況, 生活, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 3/12, 22:42

~ ”東大の村上道夫特任講師が発表 …【成人の内部被曝線量は年18マイクロシーベルト、5歳の幼児は42マイクロシーベルト、1歳未満の乳児は48マイクロシーベルトに…】

福島 【住民の甲状腺被曝…5人が50ミリシーベルト強】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 被災地の状況 | Posted Date: 2012, 3/9, 20:17

~ ”浪江町津島地区の3人と2週間ほど浪江町に止まった後で福島市に避難した2人がIAEA基準の50ミリシーベルトを超えていた…子供(15歳以下)の最高値は47ミリシーベルトに” ~

神奈川 【未承認の安定ヨウ素剤を広告…輸入代行業者を書類送検】

Category: 健康、医療, 国際情勢、海外からの支援, 生活, 産業, 社会情勢、世論, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 2/25, 18:29

~ ”神奈川県警は24日、国内未承認の安定ヨウ素剤を広告したとして、薬事法違反の疑いで、川崎市川崎区の医薬品輸入代行会社「アーカイム」と男性社長(40)ら3人を書類送検” ~

”みんなの放射能測定” 【検体を送り土壌・食料、水等の放射能を測定…WEBサイトで共有するサービスが開始】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 防災、安全対策, 食品 | Posted Date: 2012, 1/20, 3:13

~ ”同サービスは検体を所定の検査キットに入れ同社宛に送付すると、検体到着後3日以内に検査結果をEメールと郵送で依頼者宛てに送付するというもの…結果は一般公開される” ~

原子力安全委員会 【原発から30キロ以内の各家庭に ”安定ヨウ素剤” を事前配布する】

Category: 健康、医療, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 1/12, 14:22

~ ”現状は多くの地元自治体が保健所などに備蓄し、事故後に住民へ配布する仕組み…SPEEDIが機能せずに福島第1原発事故では服用指示が遅れた反省を踏まえた” ~

甲状腺の機能障害 【子供の成長・発達に影響も】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 12/26, 1:46

~ ”甲状腺ホルモンは体の成長や脳の発達に必須…妊婦や子供への影響について赤須医院院長の赤須文人さん:「お子さんなら身長の伸びと甲状腺の腫れをチェックして」” ~

欧州各地でヨウ素131を検出… 【IAEAは発生源の特定できずと発表】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 11/19, 0:44

~ ”ヨウ素131が検出されたのはドイツ、ハンガリー、フランス、スウェーデン等欧州のかなり広い地域…IAEAは「福島から流れてきたものではないことだけは確か」だと発表” ~

原発事故の放射性物質 【風で再浮遊…風向きで濃度も変化】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 11/13, 0:09

~ ”放射能濃度は風向きに依存し、原発の方角から風が吹くと高い値を示す…放射性物質は地面に落ちた後、泥などに吸着し土ぼこりなどとして浮遊しているとみられる” ~

沖縄 【福島からの放射性物質が気流に乗り到達】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境 | Posted Date: 2011, 10/3, 1:02

~ ”最高値は4月6日にセシウム137が1立方メートル当たり1・56ミリベクレルを記録…4月25日以降は観測さ れていない” ~

福島原発周辺 【ヨウ素は南部でも高濃度…100キロ圏内マップを公開】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 東京電力, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 9/22, 11:39

~ ”ヨウ素の濃度はセシウム137と比べ北西部で170分の1…南部では最大40分の1とセシウムに対する比率に差があった。最も高濃度だったのは原発から南南西約6キロにある富岡町大菅川田付近” ~

東京でヨウ素濃度が上昇【半減期は8日と短いのになぜこの時期に…】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 東京、首都圏の状況, 社会情勢、世論 | Posted Date: 2011, 9/9, 16:42

~ ”原発事故から半年近くたったいま、なぜこのような現象が起きたのか…「そうした事実が東電から発表されていない以上、明確な説明はつかない」” ~

岩手:奥州 【下水処理施設の汚泥からヨウ素131を検】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 被災地の状況 | Posted Date: 2011, 9/9, 1:27

~ ”原発事故から半年経過した今、福島原発から190km離れた岩手県奥州市で、半減期が約8日と短いI-131が検出されていることに驚かされる” ~

≪PAGE-TOPへ≫