Tagged "プレート" の記事一覧

太平洋沖プレート 【 ”スロースリップ” 現象に周期性を発見…地震予測への応用に期待】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 1/29, 18:43

~ ”北海道から関東の太平洋沖では、プレート(岩板)や断層が揺れを伴わないで動く「スロースリップ」に周期性があることが判明…スロースリップの活性期には、M5以上の大きな地震が6.2倍の頻度で発生していることも分かった” ~

M8.5地震 【日本全国が揺れた ”異常震域” …深い震源から大きな揺れが伝わる】

Category: 地震、津波, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2015, 5/31, 1:42

~ ”30日夜に小笠原諸島西方沖で起きた地震は、日本全国で広く揺れを観測した…590キロという極めて深い場所で起きた揺れは、硬い太平洋プレート内に閉じ込められ、形に沿って北海道や東北、関東まで揺れが広がったという” ~

断層の ”ゆっくり滑り(スロースリップ)” 現象【巨大地震の引き金か…地震予測への応用に期待】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 3/10, 11:04

~ ”海溝沿いのプレート(岩板)境界断層が非常に遅く滑る「ゆっくり滑り」…人が揺れを感じないこの現象が、巨大地震の引き金になっている可能性が判明、将来の地震予測に応用できるか注目されている” ~

震災原因となった東北沖のプレート 【 ”滑りやすかった” ことが海底下の温度調査で判明】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2013, 12/6, 15:35

~ ”宮城県沖約220キロの日本海溝近くを地球深部探査船「ちきゅう」で掘削…滑ったプレート付近の地層の温度を測定し、摩擦で生じた熱が比較的小さいことから判明した” ~

探査船 ”ちきゅう” 【人類未踏の ”マントル” を掘削へ… ”地球科学史上の最難関” 】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 社会情勢、世論, 自然、環境 | Posted Date: 2012, 11/3, 2:21

~ ”マントルは地殻と核の間にある岩石の層…地球の質量の7割近くを占め、大陸移動や火山活動の原動力とされる物質だが、人類史上まだ実際に手に取った者はいない” ~ ≪関連記事はこちら≫

震災時の津波 【海底活断層の影響で巨大化か…南海トラフや関東沖にも同様の懸念アリ】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 10/4, 10:24

~ ”海底の活断層は南海トラフ巨大地震が想定されている海域や関東の沖でも見つかっている…研究グループは、津波対策を考えるうえで詳しい調査が必要だとしている” ~

千葉 【房総半島沖で大地震の可能性】

Category: 地震、津波, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 5/31, 10:56

~ ”房総半島沖では地震を引き起こす ”ひずみ” がたまり続けている…房総半島の先端付近では平成9年から14年間、毎年3センチ程度北寄りに移動し続けている事も判明した” ~

関東で続く活発な地震活動 【気象庁が注意を呼び掛け】

Category: 地震、津波, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 5/31, 2:30

~ ”千葉県・銚子付近や茨城・福島県境など関東地方の一部地域で、震災後から現在まで地震活動が活発な状態が続いている事が判明…気象庁が注意を呼び掛けている” ~

探査船 ”ちきゅう” 【震災震源域の岩石を採取…震災原因のプレート断層かを分析へ】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 5/26, 1:26

~ ”掘削地点は牡鹿半島の東約220キロ、水深約6900メートルの海底下約820メートルの場所から、プレート境界断層の粘土質岩石を初めて採取した” ~
≪関連記事はこちら≫

地球探査船 ”ちきゅう” 【海底の調査掘削の世界記録を更新…宮城県沖で7740メートル】

Category: 地震、津波, 社会情勢、世論, 自然、環境 | Posted Date: 2012, 4/28, 2:45

~ ”≪ちきゅう≫ は水深6883・5メートルの海底までドリルを下ろし、その下856・5メートルまで掘削…海面からの深さで7740メートルまで達し、海底の調査掘削の世界記録を更新した” ~

震災震源の海底を掘削 【探査船 ”ちきゅう” …15日にも開始へ】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 4/14, 1:55

~ ”震源付近の宮城県牡鹿半島沖約220キロで、深さ約7千メートルの海底…東日本大震災の発生メカニズムを解明するため、地球探査船「ちきゅう」は15日にも海底の掘削を始める” ~

日本海溝の海底 【過去4回の巨大地震の痕跡を発見】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 4/9, 23:44

~ 東日本大震災の震源域で海底調査をしていた日独の共同研究チームが、日本海溝の海底から過去1万年分とみられる堆積物を採取、4回の巨大地震の痕跡と考えられる層を発見した” ~

探査船 ”ちきゅう” 【震災の震源断層を掘削…報道陣に公開】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 3/27, 1:21

~ ”震災の震源域(宮城・牡鹿半島から220キロ沖合の日本海溝付近の海底-水深6910メートル)で4~5月に実施する掘削調査…地球深部探査船「ちきゅう」が停泊中の清水港で公開された” ~
≪関連記事はこちら≫

日本海溝 【東日本大震災の影響で地震が起きやすくなっている】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 1/31, 12:23

~ ”独立行政法人≪海洋研究開発機構≫:「断層が地下深くまで延びた場合はM8クラスの巨大地震になる恐れがあり、陸地で強い揺れを感じなくても高い津波が発生する可能性がある」” ~

茨城沖の海底にひずみエネルギーが蓄積 【日本海溝付近での地震に警戒せよ】

Category: 地震、津波, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 1/29, 1:37

~ ”筑波大の八木勇治准教授:「摩擦熱でプレートの間にある水の体積が膨張し、潤滑油のようになって強度が低下した可能性がある。証拠をしっかりと把握したい」” ~

東日本大震災 【本震の発生前にプレート境界が ”ゆっくり滑る” 現象…今後の地震予測にも】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 1/21, 1:37

~ ”この現象が本震の発生を促す「最後の一押し」になった可能性も…東京大地震研究所の加藤愛太郎助教や小原一成教授らが19日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した” ~

”地震の目” 【 震災以降頻発する地震…まだ余震が起きていない房総半島が危険】

Category: 地震、津波, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2012, 1/12, 0:23

~ ”「3.11の地震後の余震データを分析すると、震源域に隣接する地域で、余震が起きていない空白域が房総沖にある…ここに大きなエネルギーが蓄積されているのです」” ~

1611年の慶長大地震 【発生メカニズムの解明進む】

Category: 地震、津波, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 12/4, 0:32

~ ”当時の文献から、三陸などで住民が聞いたとする音に注目…アウターライズ地震はプレート内部が壊れて音がするのが特徴、昭和三陸地震(1933年)も同様な音が聞こえたという” ~

千葉:房総沖 【海底のプレートにスロースリップ減少…地震発生が早まる?】

Category: 地震、津波, 東京、首都圏の状況, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 10/31, 22:42

~ ”「大地震の予測に結びつくわけではないが、大震災が関東地方での地震発生を早めている可能性も考えられ、解析を続けたい」” ~

東日本大震災 【原因は海底プレートが引っ掛かりエネルギーが蓄積か】

Category: 地震、津波, 防災、安全対策 | Posted Date: 2011, 10/11, 12:44

~ ”海側のプレートが陸側に沈み込む境界には、普段はプレート同士がしっかり結合している場所がある。エネルギーが溜り結合の限界を超えると一気にはがれて大地震が起こる” ~

≪PAGE-TOPへ≫