宮城:石巻 【ガレキ処理を鹿島など建設9社連合が受注】

Posted Date: 2011, 8/24, 6:00
~ ”石巻地区のがれき約850万トンを処理する案件で、 鹿島JVの受注額は2000億円程度とみられる” ~

鹿 島を代表企業とする9社による共同企業体(JV)が宮城県から災害廃棄物(がれき)の大規模な処理を請け負うことになった。県が23日、県東部にある石巻 地区でのがれき処理に関するプロポーザル(提案)方式の審査結果を公表。鹿島JVが最終候補になった。石巻地区のがれき約850万トンを処理する案件で、 鹿島JVの受注額は2000億円程度とみられる。

県は9月上旬に業務委託仮契約を結ぶとしている。大手ゼネコン(総合建設会社)の技術を活用して、東日本大震災の被災地の経済復興を阻んで いたがれき処理を前進させる。県内の被災地としては最大規模。鹿島JVは石巻港周辺に廃棄物の破砕施設や焼却施設を整備する予定。がれきは選別したうえ で、破砕・焼却し、リサイクルができない廃棄物は最終処理する。

JVは鹿島、清水建設、西松建設、佐藤工業、飛島建設、竹中土木、若築建設などのほか、地元の建設会社も参加する。がれき処理は政府の第1次補正予算を活用。県ががれき処理業者を選定した。

がれき処理プラントは2011年度内に稼働させ、13年度末までに焼却灰の最終処分などの作業を完了させる。政府は第1次補正予算で約3500億円を計上しており、今回の石巻地区に続き、各被災地で廃棄物処理が本格化する。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E0E1E29A908DE0E1E2EAE0E2E3E38698E2E2E2E2


«:»

コメント

≪PAGE-TOPへ≫