愛知:豊川 【信用金庫に立て籠もりの男を逮捕…自身が50代との報道に ”32歳だから訂正してくれ” と要求】

Posted Date: 2012, 11/23, 15:56

~ ”逮捕された長久保浩二容疑者…立て籠もりの間に「犯人の男は50代くらい」との報道に対し、「自分は32歳だから、訂正してくれ」と人質を通じて愛知県警に訂正を申し入れていたという” ~
≪関連記事はこちら≫

 逮捕された無職の長久保浩二容疑者(32)は12時間を超える立てこもりの間、直接交渉には一切応じず、すべて人質を代理に立てるなど、用心深く神経質な印象が目立った。

 「自分は32歳だから、訂正してくれ」

 立てこもった豊川信用金庫の支店内で、テレビニュースをチェックしていたという長久保容疑者。「犯人の男は50代くらい」と報道されたことに対し、人質を通じて愛知県警に訂正を申し入れたという。

 他にも上空のヘリコプターの音をいやがったり、突入の動きを警戒して何度も投光器を要求したりと、大胆な犯行とは裏腹な慎重ぶりだった。

 事件発生から県警との電話のやり取りはすべて、人質になっていた支店次長、加藤賢吾さん(41)を通して行われた。「数十回の交渉で一度も容疑者本人との会話はなかった」(捜査幹部)といい、県警に説得の糸口をつかませなかった。

 逮捕時にはナイフとカッターを持っていただけで、衣類に所持金はゼロ。県警にたばこや弁当の差し入れを求め、店内で喫煙や食事をしていたが、支店内の現金には手をつけていなかった。

 「野田首相を辞めさせたかった」と内閣退陣を動機に挙げた長久保容疑者。だが政治団体に所属しているかどうかも含め、詳しい思想背景は不明だ。退陣要求のためだとしても、なぜこの支店を狙ったかなど、不可解な点は数多い。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121123/crm12112311330007-n1.htm

 


 愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子支店で、サバイバルナイフを持った男が客など男女5人を人質に取り立てこもった事件で、男が人質となっていた女性の両手 をビニールひもで縛っていたことが、警察への取材で分かった。警察の調べによると、監禁の疑いで逮捕された自称、住所不定の無職・長久保浩二容疑者 (32)は22日午後2時20分ごろ、サバイバルナイフを持って豊川市蔵子6丁目の豊川信用金庫蔵子支店に押し入り、職員ら5人を人質にし、約13時間に わたって立てこもった。

人質5人のうち、客の木下祥恵さん(48)は同日夜、解放されたが、木下さんは両手をビニールひもで縛られて拘束されていたこと が、警察への取材で分かった。解放時のテレビ映像からも、縛られている様子が確認できたが、木下さん解放後には、今度は女性職員が両手を縛られ、そのひも の端が長久保容疑者の左腕に結びつけられていたという。ビニールひもは、支店内にあったものとみられている。人質となっていた男女5人にケガはなかった。 警察は23日午前10時すぎから、現場の信用金庫で検証を始め、事件の詳しい状況など調べる方針。

http://news24.jp/nnn/news86211137.html

 


«:»

コメント

≪PAGE-TOPへ≫