福島原発告訴団 【汚染水流出で東電の新旧幹部を告訴…決め手は ”高額費用に慄いて遮水壁設置を拒んだ” 東電内部文書の入手】

Posted Date: 2013, 9/4, 12:59
~ ”福島県民らでつくる福島原発告訴団は三日、東電が汚染水対策として原発地下の四方に遮水壁を造るのが「最も有力」と位置付けながら、一千億円規模の費用や着工時期を公表しない方針を記していた内部文書を入手したと発表した” ~

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013090302000238.html

 


«:»

One Response to “福島原発告訴団 【汚染水流出で東電の新旧幹部を告訴…決め手は ”高額費用に慄いて遮水壁設置を拒んだ” 東電内部文書の入手】”

  1. erstea より:

    政府は汚染水問題を解決できる技術を既に持っている。

    ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

    ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

    ttp://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/a614779c0fb09de38540b4e86e5c99da

    去年11月にケッシュ財団から政府に渡された技術を使えば汚染水は太平洋に流出したものを含めて浄化可能。
    解決するのに何十年何百年もかかることもなく、今の世代が生きているうちに全て解消する。破壊された生態系も回復出来る。
    ケッシュ財団の技術だけが汚染水問題を根本的に解決しうる能力を持っている。

コメント

≪PAGE-TOPへ≫