福島原発 【9日より作業休止し安全点検…今年3件目の作業員死亡事故を受け】

Posted Date: 2015, 8/9, 6:26
~ ”8日発生した作業員死亡事故を受け、県は再発防止などを東電に申し入れた…東電は9日から汚染水処理などを除く大半の作業を順次止め、安全点検を実施する事に” ~

http://www.yomiuri.co.jp/local/fukushima/news/20150808-OYTNT50117.html

 


«:»

One Response to “福島原発 【9日より作業休止し安全点検…今年3件目の作業員死亡事故を受け】”

  1. 東電よ、
    変形してないものも含め、
    現時点で目視できたものが全部で何本あるのか発表しろ。
    そして、本当にそうだとわかる画像(全景画像とか)を公開しろ。

    本当は、まだ数本しか目視できていないんだろう。
    566本のほとんどが瓦礫で覆い隠され目視できないままなんだろう。
    わざとそうしておくために、
    わざと瓦礫の撤去を遅らせ続けてるんだろう。
    http://fukushimadisasternote.1apps.com/tepco_schedule.gif
    http://fukushimadisasternote.1apps.com/

    もし飛散してたら、移住させないと、
    毎日毒の粉を吸わされ、近い将来死ぬ身体にされる人が、どんどん増えて行くのだから、
    飛散してるか否か早く白黒付けろ。そのために早く瓦礫を撤去しろ。

    状況証拠(鉄骨,数十トンが1000℃を超えた)は、
    水素爆発では説明の付かない、それとは桁外れの熱の発生も
    あったことを示しています。

    水素爆発で出来た高温ガスの質量は精々,1トン。
    1000℃まで上げられた鉄骨の質量は数十トン。
    質量差が数十倍あるのだから、
    高温ガスの熱が、2000℃分、鉄骨に移っても、
    鉄骨は50~60℃くらいしか上がらない、数十トンもあるのだから。

    ガス全体の熱が鉄骨の一部に集まったと言い張るかもしれないけど、
    集まるとは言っても、
    熱が鉄骨に移ってガスの温度が下がる度に、周りのガスから熱が補充される
    という感じで集まるだけで、
    そういう感じで集まる速さの方が、
    鉄骨内で熱伝導で逃げて行く速さより速いわけないだろう。

    鉄骨,数十トンが、水素爆発の熱だけで1000℃になったと言い張るのは、
    浴槽一杯に入ってる水が、
    100℃の熱湯を【 コップ1杯 】入れられただけで50℃になった
    と言い張ってるのと同じです。
    絶対に50℃になるわけがない。考えるまでもない。肌で感じる。
    鉄骨,数十トンが1000℃になるわけがないことも同じ。肌で感じる。

コメント

≪PAGE-TOPへ≫