2014年 7月 の記事一覧

福島原発 【がれき撤去で飛散した粉塵…宮城まで7回到達していた】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 福島第一原発, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/31, 21:13

~ ”福島第一原発のがれき撤去作業で飛散した放射性の粉じんが2011年12月以降に計7回、約60キロ先の宮城県丸森町まで飛んだ可能性が高いことが東大などの調査で分かった” ~

福島:富岡町 【避難区域44箇所に防犯カメラ設置…8月1日から稼働】

Category: 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/31, 21:11

~ ”避難指示区域内で多発する空き巣などの窃盗犯罪を防ぐため、福島第1原発事故で全町避難が続く福島県富岡町…町内全域44カ所に防犯カメラの設置を完了、8月1日から稼働する" ~

福島原発事故 【東電元幹部3人が ”起訴相当” に…検審議決で再捜査へ】

Category: 東京電力, 社会情勢、世論, 福島第一原発 | Posted Date: 2014, 7/31, 21:07

~ ”福島原発事故の刑事責任を巡り、東京第五検察審査会は31日、六人を不起訴とした東京地検の処分に対し、勝俣恒久元会長(74)ら三人を業務上過失致死傷罪で「起訴相当」と議決したと公表” ~

佐賀:玄海町 【町長選が告示…原発再稼働が争点に】

Category: 原子力、原子炉, 政府対応、政治, 社会情勢、世論 | Posted Date: 2014, 7/30, 15:16

~ ”九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町の町長選が29日告示され、現職と新顔2人の計3人=いずれも無所属=が立候補を届け出た…現職と元町議の新顔は原発再稼働を容認、もう一人の新顔は反対を掲げる” ~

埼玉 【被災地からの避難者集計数に不備…2400人を把握せず】

Category: 復興情報, 東京、首都圏の状況, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/30, 14:47

~ ”被災地からの避難者について、埼玉県での集計数に最大約2400人の漏れがあったことが判明…これまでは仮設住宅の入居者のみを避難者として集計していたという” ~

原子力損害賠償支援機構 【東電の経営監視を強化…2組織を新設へ】

Category: 政府対応、政治, 東京電力, 社会情勢、世論 | Posted Date: 2014, 7/30, 14:42

~ ”東電の大株主である原子力損害賠償支援機構は30日、同社の経営監視を強めるために2組織を新設すると発表…外部の有識者も交えた分科会とし、8月に設置する” ~

小泉元首相 【 ”原発ゼロ” を語る独演会…4000人以上に語った90分】

Category: 原子力、原子炉, 政府対応、政治, 社会情勢、世論 | Posted Date: 2014, 7/30, 14:39

~ ”小泉元首相:「細川(護煕)氏を推した都知事選にも負け、もう「過去の人」と言われているんですけれど(笑)、まだ私の話を聞いてくれる人がこれほどいるんだと驚いております。」” ~

栃木:塩谷町 【除染廃棄物の最終処分場候補に…地元からは反対意見】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 自然、環境, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 7/30, 14:36

~ ”建設候補地は塩谷町内の国有地約3ヘクタール…最終処分場は栃木のほか、宮城・茨城・群馬・千葉の計5県に建設することが決まっている” ~

福島原発 【汚染水凍結に氷投入…手作業で1日15トン】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 福島第一原発 | Posted Date: 2014, 7/30, 14:33

~ ”東電は30日、汚染水の凍結工事が難航している地下トレンチに1日15トンの氷を2週間程度、継続投入すると発表…現状では水温が15度近い部分もあるという” ~

原子力規制委員会 【原発作業員の被曝線量上限見直し…100ミリシーベルト超に引き上げも】

Category: 健康、医療, 原子力、原子炉, 放射能、放射線、放射性物質, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 7/30, 14:28

~ ”福島原発事故では、作業員の被曝線量の上限を100ミリシーベルトから一時的に250ミリシーベルトに引き上げたが、現在は100ミリシーベルトに戻されている…IAEAは救命活動の際の目安を500ミリシーベルト未満としている” ~

宮城県知事 【県の原子力行政職員が東北電力へ天下り… ”問題無い” と正当性を主張】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 原子力、原子炉, 社会情勢、世論 | Posted Date: 2014, 7/29, 17:19

~ ”宮城県の村井嘉浩知事…県の原子力行政を担当した技術職OBが長年、東北電力に天下りし、福島第1原発事故後も続いている問題について「再就職のルールに従っている」と正当性を主張した” ~

東電 【火力発電事業の包括提携…相手企業の発電所も共同で建て替えか】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 東京電力, 産業 | Posted Date: 2014, 7/29, 17:14

~ ”東電が経営合理化のため、関西電力や中部電力など5社との間で進めている火力発電事業の包括提携交渉…老朽化した火力発電所を持つ会社に対し、共同で発電効率の良い設備へ建て替える提案をしていることが分かった” ~

政府 【中間貯蔵施設建設で地元・福島と隔たり…交付金の金額提示も先送り】

Category: 復興情報, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/29, 17:11

~ ”政府は地元の要望を受け、買収による全面国有化を断念、希望者には地上権を設定することで賃貸借を認める方針を伝えたが…福島県側が受け入れ判断の条件としていた交付金の金額提示は先送りされ、両者には未だ大きな溝がある” ~

宮城:石巻 【被災病院の再建費が当初予定の2倍に…労務・資材が高騰】

Category: 健康、医療, 復興情報, 産業, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/29, 17:05

~ ”津波で被災した石巻市立病院病院は、平成23年の再建計画では費用を約70億円と試算していたが…今年改めて計算したところ2倍近い約137億円に上ることが判明、復興工事の本格化とともに、資機材不足などが影響している” ~

政府 【災害時に被災者に家賃を現金支給…内閣府の有識者会議が提言】

Category: 復興情報, 政府対応、政治, 生活, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/29, 17:01

~ ”災害時の仮設住宅について、内閣府の有識者会議は、自治体が住宅を用意して無償提供する現行の方式に加え、家賃として現金を給付、被災者自らが賃貸住宅を借りる方式を新たに検討することを提言した” ~

群馬:伊勢崎 【東電の送電線接続制限で損害…太陽光発電事業者が申し立て】

Category: 停電、節電、エネルギー問題, 東京電力, 産業, 自然、環境 | Posted Date: 2014, 7/29, 16:57

~ ”送電線の容量不足により東電が群馬県内で接続制限を行っている問題…太陽光発電事業が東電を相手取り、送電線に接続できる地位の保全を求める仮処分を申し立てる事が判明” ~

アメリカ 【 ”トモダチ作戦” 時の機密文書を公開…日本政府・東電には共有されず】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 福島第一原発 | Posted Date: 2014, 7/28, 20:35

~ ”アメリカ軍・国防総省が、福島事故直後に作成した「トモダチ作戦」文書の一部が、公開された…多くがファイヴ・アイズ(米・英・加・豪・新)内部での閲覧に限定して作成されており、当事国の日本は共有対象に含まれていなかった” ~

政府 【中間貯蔵施設用地…賃貸借容認を福島県側に伝達】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 生活, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 7/28, 20:31

~ ”除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設をめぐり、石原伸晃環境相と根本匠復興相は28日、都内で福島県の佐藤雄平知事と候補地の地元2町長と面会…用地取得のについて、希望者には賃貸借を認める方針を伝えた” ~

”震災を描く” 【福島原発事故をテーマにした漫画について…作者らがシンポジウム】

Category: 健康、医療, 放射能、放射線、放射性物質, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2014, 7/28, 20:27

~ ”日本マンガ学会が京都市で開いたシンポジウムで6月29日、4人の人気漫画家が「震災を描く」をテーマに話し合った…最新巻の15巻で会津そばをテーマにした「そばもん」の作者、山本おさむさんが口火を切った” ~

原発大国 【アメリカ・フランスで住民避難計画の見直し…福島原発事故も影響】

Category: 原子力、原子炉, 国際情勢、海外からの支援, 防災、安全対策 | Posted Date: 2014, 7/28, 20:20

~ ”米国では、原発から半径10マイル(約16キロ)を緊急計画区域(EPZ)に定め、自治体が緊急時の避難計画を定めることになっている…しかし、福島原発事故の際に米政府が半径50マイル(約80キロ)圏内の米国人に避難勧告を出したことを受け、各地でEPZの拡大を求める声が上がっている” ~

≪PAGE-TOPへ≫