Category "被災地の状況" の記事一覧

総務省 【福島では5年間で人口5.7%減…国勢調査の結果公表】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/27, 19:17

~ ”国勢調査は住民票がある自治体ではなく、実際に住んでいる場所で人口をカウントする…2010年の前回調査に比べ、福島は5.7%、岩手は3.8%、宮城は0.6%の減少となっている” ~

福島 【環境省が ”中間貯蔵施設” 建設予定地を公開…積み上がる除染廃棄物】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/25, 14:04

~ ”環境省は24日、福島県内の除染で出た廃棄物の中間貯蔵施設予定地内にある保管場を報道陣に公開した…地権者との用地交渉が進展せず、搬入の完了時期は見通せない” ~

震災関連死 【 ”防ぎ得た病院死” は138人…停電や薬不足などが原因】

Category: 健康、医療, 生活, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/25, 14:00

~ ” 東日本大震災の際、岩手・宮城両県の病院で亡くなった1042人のうち、少なくとも138人は、通常の診療体制なら救命できた可能性が高い「防ぎ得た死」だったとする調査結果を、厚生労働省研究班がまとめた” ~

福島 【JR常磐線の不通区間…竜田-富岡間の再開前倒しへ】

Category: 復興情報, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/24, 16:16

~ ”JR東日本は23日、不通になっている福島県のJR常磐線竜田(楢葉町)-富岡(富岡町)6.9キロの開通時期を、従来の2018年春から17年末までに前倒しすることを明らかに” ~

南太平洋:フィジー 【サイクロン直撃で死者29人に…最大瞬間風速は90メートル】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 地震、津波, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/23, 18:43

~ ”南半球で過去に観測された中でも最強の熱帯性サイクロン「ウィンストン(Winston)」は、20日夜から21日にかけフィジーを直撃…最大瞬間風速は90メートルに達し、約8500人が依然として避難所に滞在している” ~

福島:浪江 【避難指示解除に揺れる ”商店街” 】

Category: 復興情報, 生活, 産業, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/22, 20:40

~ ”全町避難する福島県浪江町には、原発とともに発展し、双葉郡では最も規模が大きい商店街があった…町は早ければ来年春の避難指示解除を目指している” ~

ニュージーランド 【185人犠牲の地震から5年…追悼式典で日本人遺族らも黙祷】

Category: 国際情勢、海外からの支援, 地震、津波, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/22, 20:35

~ ”日本人28人を含む185人が犠牲になったニュージーランド南部の地震から22日で5年…被災地のクライストチャーチでは追悼式典が行われ、遺族らが黙祷をささげた” ~

福島原発事故 【進む移住…避難先での不動産取得が7100件に】

Category: 復興情報, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/21, 13:59

~ ”原発事故による避難者らが、全国の避難先で取得した土地や家屋は計約7100件に…故郷への帰還を諦め、避難先に移住する人が増えている事が明らかに” ~

福島:浪江町・南相馬市 【 ”原発での再事故” を想定…国の指示前に避難する計画を策定へ】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/20, 15:42

~ ”浪江町では、福島原発で再事故が起きた場合に町の判断で避難指示できるとする避難計画案をまとめた…隣接する南相馬市も同様の計画を作成、県も両自治体の意向を尊重する意向” ~

福島 【環境省が ”中間貯蔵施設” 建設を今秋にも着工へ…2017年に稼働予定も用地買収進まず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/20, 15:28

~ ”汚染土などを管理する中間貯蔵施設(大熊・双葉両町)について、環境省は10月にも貯蔵や焼却など一部施設の建設工事を開始する意向を示した…しかし施設の用地取得は、1月末時点で全体の1%程度にとどまっている” ~

福島【桑折町・石川町が除染廃棄物の試験輸送を開始へ】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/19, 18:03

~ ”桑折町は22日、石川町は23日から輸送を開始する…両町は対象となる県内43市町村のうち41、42自治体目” ~

国交省 【原発避難者の高速道路無料を1年間延長…自治体からの要望に応える】

Category: 復興情報, 政府対応、政治, 生活, 社会情勢、世論, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/19, 17:58

~ ”無料措置の対象は、福島県内の指定地域から避難している人々…また自主的に避難し、親子が離て暮らしている世帯を対象にした料金の無料措置も来年3月31日延長される” ~

京都 【地裁が東電に賠償命令…福島からの自主避難男性に3000万円】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 東京電力, 生活, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/18, 21:28

~ ”原発事故で福島県内から京都市内に自主避難した男性が、東電に損害賠償を求めた訴訟について…京都地裁は18日、男性と妻に約3000万円を支払うよう東電に命じた” ~

宮城 【除染廃棄物の放射線量…基準値超えが3分の1以下に減少】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/17, 19:55

~ ”原発事故で発生した宮城県の指定廃棄物約3400トンを再測定した結果、基準を超えた廃棄物の量が全体の3分の1以下に減少していたことが判明…原発事故から5年がたち、放射性物質の濃度が下がったとみられる” ~

福島 【100人以上の子供が甲状腺癌と確定も… ”放射線の影響とは考えにくい” 】

Category: 健康、医療, 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/16, 18:16

~ ”福島県の有識者検討委員会は15日、原発事故を受け甲状腺癌と確定した子どもが100人を超えた事について…「放射線の影響とは考えにくい」とする中間まとめの最終案を大筋で了承した” ~

福島原発事故 【飛散した放射性セシウムを含む微粒子の構造を解明】

Category: 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/15, 16:44

~ ”東京大学の小暮敏博准教授、農業環境技術研究所の山口紀子主任研究員らによる研究グループは、福島県の森林などから、福島第一原発事故で放出され、大気中に含まれていたものと同様の放射性微粒子の採取に成功し、その主成分や内部構造を明らかにした” ~

丸川環境相 【 ”被爆1ミリシーベルトに根拠無し” 発言を撤回…国会で野党から追及】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/15, 16:27

~ ”丸川環境相は、福島第1原発事故の除染の長期目標値に「何の科学的根拠もない」と発言したことを認めて、国会の場でも発言を撤回…15日の予算委員会では、民主党の長妻代表代行らが「大臣の資格なし」と厳しく批判している” ~

セシウムを強く吸着 【 ”鉱物:風化黒雲母” を除染に活用へ】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/14, 2:22

~ ”東京大大学院と日本原子力研究開発機構の研究グループが、放射性セシウムが土壌中にある鉱物の中で「風化黒雲母」に強く吸着するとした研究成果を発表…風化黒雲母は加工され、園芸用の改良土として広く利用されている” ~

復興庁 【発足から4年…住宅、インフラ整備は…道半ば・原発対策へ問われる指導力】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 生活, 社会情勢、世論, 経済, 自然、環境, 被災地の状況 | Posted Date: 2016, 2/12, 17:29

~ ”発足4年を迎えた復興庁…津波被災地での住宅、インフラの整備は当初の遅れが批判を招き、現在は加速しつつあるものの道半ばとなっている” ~

丸川環境相 【 ”被爆1ミリシーベルトに根拠無し” 発言を福島県などに陳謝…発言事態は撤回せず】

Category: 復興情報, 放射能、放射線、放射性物質, 政府対応、政治, 社会情勢、世論, 自然、環境, 被災地の状況, 防災、安全対策 | Posted Date: 2016, 2/12, 17:18

~ ”政府の長期的追加被曝線量の目標「年間1ミリシーベルト」について、丸川環境相が「何の科学的根拠もない」と発言したとされる問題…環境相は12日、福島県などに謝罪したことを明言、一方で発言そのものを撤回する考えはないことを強調した” ~

≪PAGE-TOPへ≫